Topics

トピックス

冬キャンプの寝袋は断然ダウン派のキャンパーが-34℃・化繊の寝袋を試してみた~モニターさんの声~

2021年9月1日

早いもので、我が家がキャンプを始めて10年以上が経とうとしています。

始めた当初は、我が家の長男は小学生だったのですが、昨年末に長男とデュオキャンプに行った際には、温泉入浴後に自分が飲酒をしても代わりに長男が車の運転をしてくれ、嬉しい反面、時代の流れを感じさせられました…w!

そして、この時代の流れの中で変わったのは、キャンプスタイルやキャンプギアだったりするのですが、一番多くの変化があったのは寝袋ですね!

冬キャンプでダウンの寝袋を使っていたワケ

我が家は、夫婦と子供4人の6人家族で、当然ながら人数分の寝袋が必要ですし、季節によって寝袋を変える必要があるので自ずと多くなってしまいます。

キャンプを始めた当初の数年間は子供の夏休みのファミリーキャンプがメインだったのですが、3~4年前から冬も含めたオールシーズンでキャンプをする事になりました。

冬キャンプで重要になるのは寝袋選びです。

冬キャンプを始めた当初は、嫁さんと子供たちはインフレータブルマットと電気毛布を敷いた上に夏用寝袋と毛布をかけて寝て、自分はコットの上にインフレータブルマットを敷いて夏用の寝袋で寝ていました。

ここ数年では子供が成長したため一緒に行かなくなりソロキャンプに行く回数が増えました。一人で行くようになると冬キャンプの回数も増えたため、数年前に自分用の中国製の格安ダウン寝袋を購入したんです。

そのおかげで、劇的に就寝時の快適性が向上し、冬の時期でも1ヶ月に数回は冬キャンプにアクティブに出掛けるようになりました。

そうした中、ずっと気になっていたのは…

寝袋素材について、ダウンと化繊はどっちが本当にいいのか?

という事です!

冬場のキャンプでの寝袋といえば、多雪地方の北陸富山では自然素材のダウンの寝袋が一般的です。

ダウンの寝袋の最大の特徴は、軽くて暖かい事です!

羽毛(ダウン)と羽毛(ダウン)の間に暖かい空気の層を作るし、保温力は抜群で圧縮性にも優れているのでキャンプの際には荷物の積載量を減らす事も出来ます

ただ、化学繊維(化繊)に比べて、水に弱く濡れると保温性を発揮できないのが難点ですが、冬山登山などの過酷な冬キャンプをしないのであれば、この問題点は通常の冬キャンプでは問題ありません。

以上の事から、自分は冬キャンプの際には限界温度‐15℃まで対応可能なダウンの寝袋を愛用しています。

ただ、限界温度‐15℃になっていますが、この数値は男性が厚着してどこまで耐えれるのかがベースになっているので、快適に使える温度は更に10℃以上プラスする必要があります。

ダウンの寝袋の使い方

自分がダウンの寝袋を使う場合は、使うテントにもよりますが、就寝時にコットを使用する事が多く、コットの上に5cmマットとストールやブランケットを敷いて冷気が伝わりにくくしています。

そして、更に電気毛布をポータブル電源にて使い、暖かさを弱~中にして就寝時から起床時まで使用しています。

その上に、ダウンの寝袋とフリースパジャマで十分暖かく、外気温が0℃以下でも快適に眠る事が出来ますよ。

また、ポータブル電源を使う以前の冬キャンプでは長らく電気毛布は使用していませんでしたが、上記ほどではなかったですが問題ないほど暖かかったですよ。

ダウンの寝袋の問題点

ただ、ダウンの寝袋にも問題はあります!

特に自分が使っていて気になっていたのは2点です!

①マミー形状からくる寝苦しさ

残念ながらダウンの寝袋の多くはマミー型で、封筒型寝袋というのはなかなかありません。

寝始めは特に狭いという事はないのですが、就寝時に寝袋内で寝返りを打とうとすると、マミー形状からか足元の動きが少なくスムーズに寝返りが打てず、少し暑いなと思ってダブルジッパーで温度調節する事も思った以上に困難です。

②背中が寒い

そして、もう一つは、背中部分がスースーして寒いという事です。

勿論、羽毛(ダウン)を多くすれば、気にならないのかもしれませんが、ダウンのメリットである圧縮性から、寝床の設置面は体重でダウン自体が押し潰され、ダウンの寝袋の良さが発揮できず寝床の接地面が寒く感じるんです。

その為に、寝床にはコットだけではなく、電気毛布やインフレータブルマットが必ず要る事になるんですよ。

ただ、これらの問題を抱えながらも、これ以上の物は存在しないと思ってダウンの寝袋を使用してきた訳です。

そんな中、ベアーズロックのホームページを見ていた時です。

なんと!化繊寝袋でありながら限界温度が‐34℃の商品を発見し、どれくらい違いがあるのか非常に気になって比較してみました。

冬の寝袋 ダウンと化繊を比べてみた

今回、比較してみるのは…

左側:夏用寝袋(Naturehikeの化繊ミニウルトラライト封筒型寝袋)

中央:冬用ダウン寝袋(YOGOTOの‐15℃対応マミー型ダウン寝袋)

右側:冬用化繊寝袋(Bears Rockの-34℃マミー型センタージッパー寝袋

以上の3種類です。

分かり易いように、コーラの500㎖ペットボトルを置いていますが、各製品の圧縮状態MAXで、こんなにも大きさが違います!

見て分かるようにBears Rockの冬用化繊寝袋の体積は、夏用寝袋として使っているNaturehikeの化繊ミニウルトラライト封筒型からすれば8~10倍で、YOGOTOの冬用ダウン寝袋からしても3倍くらいあります。

Σ(;゚Д゚)!?

デカい…w

拡げてみると、サイズ感はそんなに違いが無いように感じますが…

明らかに、中に入っている中綿の量が違い、厚みが全然違います。

実際、厚みをザックリ図ってみると…

Naturehikeの化繊ミニウルトラライト封筒型の厚みは約2~3cmですね。

YOGOTOのダウン寝袋は7~8cmほどあります。

そして、Bears Rockのマミー型センタージッパー寝袋は…

なんと…!!

15~17cmもあるじゃないですか!!

バック状態では大きなと思っていましたが、これだけの厚みがあれば敷布団と掛布団セットくらいありそうで、実際中に入った感じはフカフカでかなり暖かったです。

しかも、地面との接地面にも中綿が詰まっており、背中も冷たく感じません。

こうなると実際の冬キャンプで試してみたくなりますね。

実際、化繊の寝袋で冬キャンプに行ってきた

2020年12月中旬に、北陸富山では丁度良く初雪の雪上キャンプの機会がありましたので、雪の上で眠ってきましたよ!

実際は、雪の上にグランドシート、テント、ラグ、Bears Rockの8㎝インフレータブルマットの上にBears Rockのマミー型センタージッパー寝袋で寝てきました!

実際の就寝時の格好は、ヒートテック的な長袖シャツと裏起毛のパンツで、そこまでの厚着ではないです。

センタージッパーという事もあり、寝袋に入りやすく出やすいのが良いですね。

また、外気温は雪が降っているので、深夜~明け方にかけて0℃以下でしたが、全く寒くなく快適に眠れました。というより、若干暑かったです…w

そして、この寝袋の良い点は…

少し暑いときに、足元を開けられる事です。

そして、深夜トイレに行きたいときに寝袋から出る前に、手を出してランタンの電気を付ける事も可能ですから、キャンプ時に寝袋に入りながらスマホを弄ったり、本を読んだりするときには良いと思います。

そして…

その後、クリスマスキャンプ、年末キャンプと一晩どころか数日、自分や家族も冬キャンプで使ってみましたが、ダウンでの問題点だった背中の接地面も暖かったですよ。

冬キャンプの寝袋は車に積める荷物のサイズで選択しよう

実際に冬キャンプでBears Rockのマミー型センタージッパー寝袋‐34℃対応を使ってみましたが、今まで使ったどの寝袋よりも断然に暖かく快適に眠れることは間違いありません!

また、我が家のクリスマスキャンプでは、コットに寝袋だけで子供二人で寝かしてみましたが大きさ的にも余裕があって暖かく寝れたみたいです。

ただ、結論としては…

自分が使うなら、冬キャンプでは「ダウン寝袋+電気毛布」だと思いました!

理由は…

化繊でも十分暖かいのは分かったのですが、問題は大きさです。

ソロキャンプならまだしも、我が家のような6人家族であのサイズの冬用化繊寝袋6個を持っていくのは、結構厳しいです!

そもそも、冬キャンプは他の季節以上に荷物が増えて積載もギリギリになりがちの中で、かさ張る化繊冬用寝袋6個を載せるよりは、寝袋を圧縮してそれ以外(電気毛布など)を補助暖房として使う方が現実的です。

しかも、電気毛布は就寝時以外にはブランケットとして使え、敷く事により電気カーペット代わりにもなるので汎用性が高いです。

そういう電気毛布を使える環境下では、かさ張る化繊冬用寝袋よりも圧縮性に優れたダウン寝袋とセットで使う方が荷物を減らすことができます。

しかしながら…

電源なしサイト利用やポータブル電源を持っていないなどで電気毛布が使えなかったり、ソロキャンプなどで積載を気にする必要が無い場合でしたらBears Rockのマミー型センタージッパー寝袋‐34℃対応のようなフカフカの化繊の寝袋はおススメです。

理由は、この化繊寝袋は自宅の布団の状態に近く落ち着いて就寝出来るからです。寝やすさ=快眠と考えるのなら、この点は大きな魅力だと思います。

状況次第で寝袋を変えるのも良いと思いますよ。

[執筆者情報]

え~ちゃん

キャンプ歴10年以上の家族6人のファミリーキャンパーで、格安に全国のキャンプ場でドタバタキャンプ展開しています。

格安^^キャンプへGO~!

運営:え~ちゃん

ブログ:https://www.a-chancamp.com/

Twitter:@9y7C5YzGvGdp8jN

Instagram:https://www.instagram.com/eisuke7992/?hl=ja

一覧ページへ